症例集

【case030】
脳梗塞による右半身の全体的なしびれ

主訴 脳梗塞による右半身の全体的なしびれ 


兵庫県芦屋市在住 49歳女性

主訴の状況

2015年8月8日、朝からお風呂掃除をし、入浴・昼寝。

昼寝から起きると、右半身のしびれを感じ
しびれにより、立てなくなる。

話したり、少し動いたりは出来る。麻痺はない
病院で点滴を受け、そのまま入院。

病院では軽度の脳梗塞と診断される。
血の塊を溶かす薬を使う治療が開始される。

その日の夜までは全身にきついしびれがあった。

数日で退院し、その後一度しびれがマシになったが、
すぐに右半身全体的なキツイしびれが戻る。

病院ではしびれに対する投薬治療もあるが、したからと言って治るかは分からない。
ずっとしびれが残る人も多い症状だと告げられる。

元々薬を飲むのに抵抗があったので、投薬治療は行わず、
友人の紹介で8月22日に当院へ来院。

その他の症状

以前から肩こりがキツイ。
高血圧と診断されていたが、薬は飲むほどではないと診断される。

治療内容

全身的な筋肉の力を緩めて、特に右半身の血流をよくする。
下半身の弱りを助けて、上半身ののぼせをなくすといった治療を行う。
一回の治療で手足や頭のツボに鍼を合計4本ほど行う。
週2回のペースで治療に来てもらう。

初めの1か月(8診)はあまり主訴の症状に変化なし。

9診目の治療終わりにしびれを感じない部位が出てくる。(大腿部と頸部)

この間治療の直後は、かなりしびれがマシになるが、
徐々にしびれが戻ってくるといった状態が続く。

13診後、この頃から、脇腹、前腕の外側(小指より)、足の裏、以外はしびが無くなってくる。

2か月(16診後)から、上記の場所にもしびれは出なくなる。
ただ睡眠不足や疲労により、脇腹と前腕に軽いしびれが出る。
このあたりから週1回の治療ペースに間隔をあけていく。

3ヵ月になる事にはしびれは全く出る事は無くなる。

解説

脳梗塞は非常に重篤な後遺症をもたらす非常に怖い病気です。

この方も初めて来院された時は、ショックと絶望感がかなり強かったのを今でも鮮明に覚えています。

まず脳梗塞になった原因ですが、更年期(下半身の弱り)や色々な事が重なって、異常に頭に血がのぼせ上がっている状態が続くことにより、頭で血が渋滞を起こしやすくなり、梗塞が起きてしまったという流れです。

その後の主訴の右半身のしびれですが、簡単にいうと梗塞により血管が詰まり気味になり、右半身に血の巡りが悪くなってしまったという事が原因で起こっていました。

(もう少し詳しく説明したいのですが、かなり長く複雑になりそうですので、簡潔に書いておきます。)

ですので治療は、全身的な筋肉の力を緩めて、特に右半身の血流をよくする。
下半身の弱りを助けて、上半身ののぼせをなくすといった治療を行う。
という事を行いました。

軽い脳梗塞の割にはしびれがかなりきつかったですが、
比較的早期に症状が回復したと思います。

同じ脳梗塞の後遺症でも、もっと重篤な場合は治療が年単位になったりする事もありますが、改善可能な場合も多いですので、同じ病で今頑張られている方はあきらめないでください。

また恐ろしい病気ですが、鍼灸で日頃から疲れを取って、身体の悪い箇所を治していれば、発症のリスクを減らす事も可能ですのでご安心くださいね。

【case000】
過敏性腸症候群・自律神経失調症

主訴 過敏性腸症候群・自律神経失調症

兵庫県芦屋市在住 中学生

主訴の状況

昨年の4月(中学校に入学して)から刺し込む腹痛(おへそ回り)や胃の痛みが頻繁に起きるようになる。ほぼ毎日1日数回痛みが出ていた。

テストや嫌な事があった時などに悪化する。

また便秘と下痢を繰り返すようになる。

病院では以前行った腹部の手術の痕に癒着しているのが原因ではと診断される。

おそらくこの癒着か自律神経の乱れで、過敏性腸症候群になっているのだという事でした。

その他の症状

首から肩にかけてすごく凝りやすい。
よく風邪をひく。
手足がかなり冷たい。
疲れやすい。
幼少期に腎臓の症状でopeを受けている。

治療内容

身体と精神的に過度に入っている力を緩める、胃腸の働きを改善することを治療の方針とした、手のツボに一本、背中に二本刺鍼する。

初診の治療直後に手足がポカポカに温まる。
本人もこんなに暖かくなったのは初めてと大喜びでした。 

初診の後から腹痛が起きない日も出てくる。

2診目後腹痛は減少。週1回程。

3診目後(2週間後)前回の治療後から腹痛起きていない。

4診目後(2週間後)腹痛起きていない。

この後、テストの時のみたまに軽く痛みが出る時もあるが、
痛みも弱くて、あまり気にならない程度。
便も通常便に戻る。肩こりも今までよりかなり楽になる。
毎回テストの後に1回治療をして疲れをとっています。

解説

今回の少女は非常にがんばり屋さんでした。
みなさんも経験があるかと思いますが、小学校から中学校へ上がると、様々な変化があります。
特に勉強は毎日、予習・復習、更には中間・期末テストまであります。

いつのまにか、そのプッシャーにより、心身共に常に力が入った状態になってしまいました。
西洋医学でいう、交感神経が優位になりすぎている状況。
自律神経失調症と呼ばれる状態です。

この状態が続くと、同じことをしていても他の人よりも疲れやすくなってしまいます。
その疲れが、自分の元々弱い所(今回は胃腸)に悪影響を及ぼしてしまいます。

治療としては、心身共に過剰な緊張を弛める事、たまっている疲れをとる事、胃腸の働きを改善する事を意識して行い、早急に症状が改善出来ました。

鍼灸では、この自律神経を整えるという事に対しては、常に有力な治療法です。

体と心のクセがキツく、長年にわたり様々な症状が出ている人でも、もちろん治療可能です。

一生このまま、腹痛と付き合っていかないといけないのかと、不安に思われていた少女の人生を変える事ができて、非常に嬉しかった症例でした。

【case025】
4年間不妊症で悩まれていた方の妊娠

2015年3月

本日患者様から嬉しいご報告がありました。

不妊治療の為に来院されていた患者様の妊娠です。

今年に入って3人目の不妊症からの妊娠です。

安積鍼灸院になかなかいい風が吹いてますよ~

嬉しかったので簡単にご報告させて頂きます。

主訴 不妊症

神戸市在住 38歳女性

主訴の状況
32歳の頃に結婚し、なかなか妊娠せず34歳の時に婦人科で子宮内膜症が見つかり、病院ではこれが不妊の原因ではと診断される。

この後からピル、ホルモン療法、体内受精、体外受精と行うが、4年間経過しても妊娠は出来なかった。

どうしたらよいかと悩んでいたところ、当院の患者さんに紹介され、昨年12月に安積鍼灸院へ来院されました。

その他の症状
生理の出血が昔から多く、塊も多かった。

2、3日に1回の便秘になりやすい。

腰が重だるく痛むことが多い。

肩・首のこり、それが悪化すると頭痛が起きることが多い。

治療内容

お腹周りのめぐりを良くするように、足と手のツボに施術。
週二回の間隔で治療を開始する。

治療開始一か月ほどで腰痛を感じる事が少なくなってくる。

二か月後ほどでお通じの頻度が1、2日に1回に頻度が多くなってくる。

治療開始から三か月経った時体外受精を行い、無事に妊娠する。

解説

今本当にたくさんの方がこの不妊症に悩まされています。

実は鍼灸にとって昔から不妊症は大の得意分野なのです。
(但し現代的な患部に直接鍼を打つ、電気やマッサージ…などといった鍼灸ではあまり効果は少なく、当院で行っているような原因をきちっと判別して、ツボを使用して治療できる本当の東洋医学的な鍼灸です。)

元々鍼灸は王様に仕える医師であったのですが、こういう人の子孫繁栄という事は本当に大きな課題と最重要任務であります。

こういった理由で鍼灸での不妊治療というのは昔から研究に研究を重ねられて現代に至ります。

不妊症の原因は東洋医学的に6種類にも細かく分類され、治療法はそれぞれの原因によって全く違ってきます!!

単に温めるだけ、一般的に不妊に効くというツボにだけ鍼をするといった低レベルな鍼灸治療は当院では行っておりません!!

今回の患者さんの場合東洋医学的には、お腹や腰回りの気血のめぐりが悪く滞りやすくなっている事が不妊症の原因でした。
滞っているという所がポイントでした!!

東洋医学的に気滞血瘀といわれる状態です。

ちなみに…その他の症状の重だるい腰痛も便秘も同じ原因で起きていました。

身体の余分な力を抜き、お腹や腰回りのめぐりを良くし、滞りを改善することで、お腹(子宮など)の状態が良くなり無事に妊娠することができました。

お腹(子宮など)の状態があまりよくなければ、西洋医学的な不妊治療をいくら行っても妊娠しにくい事があります。

今回の様に鍼灸でお腹の状態をよくしてから、体外受精を受けることによってかなり確率はあがるのです!!

実はこの方、当鍼灸院の初診の際にはもう体外受精の日程を決められていて、日にちの制限があったのですが、一回で無事に妊娠されてなによりでした。

病院ではもしかしたら育ちにくいかもしれない…と言われて不安に思われていましたが、これからも鍼灸で身体の状態をきっちり整えていれば、全然問題ありません!!

本当におめでとうございます。

そして無事に出産されるまで一緒に頑張ります♫

笑顔の花が満開でした!! 


【case024】
15年来のメニエール病(めまい・難聴・耳鳴り) 不安神経症

主訴 メニエール病(めまい・難聴・耳鳴り) 不安神経症

兵庫県神戸市在住 60代女性

主訴の状況

15年前から難聴(低音障害型)と耳鳴りの症状が徐々に出てくる。

6年前からふわふわする浮遊性めまいと回転性のめまいが時々起きるようになる。
病院ではメニエール病と診断される。

2年前から浮遊性めまいが常にあり、回転性のめまいもかなり頻繁に起きる。
また耳鳴りと難聴もかなりきつい状態になる。

来院される3か月前からはほぼ毎日回転性のめまいが起き、動くのが怖くなりほとんど動けなくなる。

数年前から、このめまい・耳鳴り・難聴に対してのストレスや不安感がとても強く、動悸や不眠などの症状が出て不安神経症と診断される。


その他の問診情報

4年ほど前から腰椎椎間板ヘルニアになり腰や太腿にしびれや痛みがある。
2年半前卵巣癌になり手術を行う。

治療内容

背中のツボと、足の照海というツボに施術。
週に2回のペースで治療を行う。

2診目の治療後から回転性めまいの回数がぐっと減る。

4診目から回転性のめまいは起きなくなる。

5診目から聴力が少しずつ回復してくる。

8診目から浮遊性のめまいの回数が減ってくる

10診目くらいから椎間板ヘルニアの症状をほとんど感じなくなる。

14診目から聴力の低下、耳鳴り、浮遊性のめまいはほとんど起きなくなる。

いつの間にか不眠や動悸の症状が起きなくなる。

現在治療開始から半年ほど経っているが、極度の疲労やストレスを受けた時に、浮遊性のめまいや聴力低下が少しだけ起きるが、すぐに治るようになっている。

解説

今回の症状の原因は非常にせっかち、心配性、いらいらしやすいという性格が大いに関係していました。

こういう性格の方は気のめぐりが上へ上へとのぼせ上がって渋滞を起こしやすくなります。

ここで一つ付け加えますが『気』とは、簡単に言ったら身体の中をぐるぐる回っているエネルギーみたいな物で、
血とほとんど同じ意味合いです。

本来気のめぐりは、頭から足へ、足から頭へぐるぐるとめぐっているのが良い状態ですが、
上へのぼせると様々な症状が出てしまいます。

これは東洋医学的に『気逆』という状態です。

今回のメニエール病(めまい・難聴・耳鳴り)はこの『気逆』の状態が長期に及び起きていたことが原因でした。

また二年前から症状が急激に悪化した理由は、卵巣癌の手術を行った後、身体に大きな変化が起きたことが大きく関わっていました

こういう下半身の臓器を摘出するような手術の後には、東洋医学的に『下半身の力』が弱くなってしまうことがあります。専門的には『腎虚』という状態です。

この東洋医学的にいう『下半身の力』には色々な働きがあるのですが、その一つに上にのぼせ上っている気を引っ張り降ろす働きがあります。

『下半身の力』が弱くなると、引っ張り降ろす働きも弱くなってしまいます。

つまり!!『下半身の力』が弱ってしまうと、今まであった『気逆』が悪化してしまうのです。

少し難しいかもしれないので図に表わしてみました。


Oさん無事に作れました。ありがとうございます。

今回の治療の方針としては
上にのぼせ上り渋滞を起こしている気を下に降ろす。
また下半身の力を強くさせる。
この二点でした。

こうすることによって何年も前から起こっていたメニエール病(めまい・難聴・耳鳴り)、不安神経症、椎間板ヘルニアが改善したのです。

話は変わりますが実はこの方はこちらに来院される前、近所の違う鍼灸院に通ってらっしゃったのですが全く効果がなかったみたいです。しかも偶然にも足の同じツボを使用していたみたいです。

同じツボを使用したら、同じように効くんではないか?
と思われるかもしれませんが、実際には全く効果は変わってきます。

それは正確な原因の判定と、治療者の腕に大きく変わってくるのです。

私も日々の臨床を着実に心を込めて行い、もっと腕を上げてより早くつらい症状を改善出来るように全力を尽くしていきます!!

【case023】
不妊症からの出産

患者さんから嬉しいお知らせを頂きました。

以前当院へ不妊治療で来院されていた患者さん。

2か月の治療で無事に妊娠

その後つわりや逆子など妊娠中の症状で時々来院されて、無事にそれらの症状も改善。

そしてついに…。

先日無事に出産されたというお手紙が!!

いや~本当に良かったです☆

この瞬間は本当に私にとっても嬉しいの一言です。

最初に来院された時の不安や焦りなど様々な気持ちが混じったお顔を思い出すと、
なんとかそんな顔を笑顔に変えるお手伝いが出来て本当に光栄です。

ひまわりの様にすくすくと元気に明るく育って欲しいと思います。

ご連絡本当にありがとうございました。


現在当院には沢山の不妊治療を受けられている患者さん。
無事に妊娠された方。
また無事に妊娠されて、妊娠中の体調管理で来院されている方が非常に多いです。

100パーセント妊娠します!!とは言えませんが、
心身共に鍼で整えていくと、妊娠する可能性は劇的に高くなります。


不妊について不安で、焦って、どうしたらよいのか分からない方はいつでもご連絡してきてください。

精一杯力を尽くし笑顔に変えてみせます!!

前へ 6 次へ
疾患別症例

    芦屋・神戸・西宮で鍼灸院ををお探しなら安積鍼灸院 肩凝り・腰痛・アトピー・胃痛・婦人科・パニック等様々な疾患に対応

    PAGETOP